12月31日、年末ご挨拶。


img_32411皆さん、今年もお世話になりました。来年も真摯に職務に精励する所存です。引き続き、どうぞよろしくお願い申し上げます。年末には渡欧し、英国政府、EU関係者等と面談してきました。英国のEU離脱を巡る動きは、年明け後も混迷を予感させるヒアリング結果でした。年明け早々、米国ではトランプ政権も発足。2017年は激動の予感がします。翻って日本。株価はトランプ効果で年末好転しましたが、株価=経済ではありません。結局のところ、日本が抱えている構造的な問題は、事実上手つかずのまま、偶然的に小康状態が保たれているという印象を拭えません。少子高齢化に伴う経済・社会構造の閉塞状態、それを早くから予想できたにもかかわらず放置してきた1980年代以降の日本の政治。中国を含む新興国の追い上げ、技術革新に伴う経済の成功モデルの変質、そうしたこともやはり早くから予想できたにもかかわらず、対策が後手後手になってきた日本。国際社会、外交安保環境の変化にも、必ずしも機敏かつ先行的、戦略的に対応するのが不得手な日本。来年も、そうした問題、課題の改善に少しでも寄与できるよう、全力かつ生産的に職務に向き合いたいと思います。

なお、フェイスブックと連動させてきましたこのブログは、来年以降は政治的、政策的課題に対するメッセージやコメントを中心に入力していきます。フェイスブックは従来どおり続けていきます。ツィッターは活動や政策に関する短いコメント、インスタは皆さんと共有したい日本の良さ、日本の未来が感じられる写真を中心にアップしていきます。

「丁酉(ひのととり)」の平成29年(2017年)、どうぞよろしくお願い申し上げます。それでは、良い年をお迎えください(写真は我が家の玄関花です)。