7月25日、メルマガ403号。



財政健全化(プライマリーバランス黒字化)目標が丸々5年、先送りされました。安倍政権も丸々5年経過。日本経済に深刻な潜在的リスクを負わせてまで行ってきた異常な金融緩和政策は、結果的に財政健全化には全く寄与しなかったことになります。そのうえ、プライマリーバランス(基礎的財政収支)はあくまで国債利払費や償還負担を除いたベースに過ぎず、仮にプライマリーバランスが黒字化しても、国債費を含む財政赤字は増え続けます。今こそ、改めて財政再建に向けた議論を与野党あげて行い、財政健全化策について与野党合意をすべきです。このままでは将来世代に禍根を残します。

MM180725