407

がん治療のフロンティア

大塚耕平

京都大学の本庶佑教授がノーベル生理学・医学賞を受賞しました。おめでとうございます。免疫機能の低下を防ぐ新しいがん治療法を発見し、がん治療の可能性を大きく広げたことが評価されました。従来のがん治療の柱は、外科手術、放射線、抗がん剤(化学療法)の3つ。本庶教授の発見は第4の治療法であり、がん克服の考え方を根本的に変えたと言われています。


1.第4の治療法

2018年のノーベル生理学・医学賞が、ジェームス・アリソン米テキサス大教授と本庶佑・京大教授に授与されました。

日本人の受賞は2016年の大隅良典・東工大教授以来。通算では米国籍取得者(2人)を含め26人。医学生理学賞は3年前の大村智・北里大教授、2年前の大隅教授に続き、5人目です。

授賞理由は、免疫機能の低下を防ぐ新しいがん治療法の発見。がん治療の可能性を大きく広げたことが評価されました。

がん治療は外科手術、放射線、抗がん剤(化学療法)が3本柱。両教授が開発した免疫療法は第4の治療法。ノーベル賞選考委員会は「がん治療に革命を起こし、がん克服の考え方を根本的に変えた」と論評しています。

人間は、体内に侵入した細菌等の病原体を攻撃する免疫機能を有しています。免疫療法はがん自体を対象とするのではなく、人間に備わった免疫機能を利用する治療法です。

免疫機能を発揮する免疫細胞は、体内で正常な細胞から変化したがん細胞も異物と見なして攻撃する一方、がん細胞も免疫機能を抑止するために攻撃を阻止。体内で「ミクロの戦い」が行われており、両教授はその仕組みに着目しました。

1995年、アリソン教授は免疫細胞のひとつで、白血球の一種であるT細胞に着目。T細胞の表面に付着するCTLA-4という蛋白質が、T細胞の活動を抑制することを発見しました。

それから3年、1998年に本庶教授も別のPD-1という蛋白質もT細胞の活動を抑制することを発見しました。

免疫細胞の活動を抑制するということは、がん細胞を攻撃する免疫機能が弱まることを意味します。CTLA-4やPD-1が免疫細胞の活動を抑制し、がん細胞に対する攻撃能力が低下。

ということは、これらの蛋白質(CTLA-4やPD-1)を働かないようにすれば、免疫機能を向上させ、免疫細胞に再びがん細胞を攻撃させることが可能となります。

従来のがん治療の常識は一変。がん細胞自体を対象にして除去等をするのではなく、がん細胞が自らを守る仕組みを突き止め、その仕組みを働かせなくすることで、人間が本来有している免疫細胞や免疫機能の働きを活性化させる治療法です。

これらの効果を企図する薬は「免疫チェックポイント阻害剤」と呼ばれるようになり、「免疫チェックポイント阻害剤」の開発に研究者や製薬会社が注力しています。

アリソン教授は1948年生まれの70歳。テキサス大学で生命科学の博士号を取得。カリフォルニア大学やヒューズ医学研究所の研究者を経て、現在はテキサス州立大学がんセンター執行役員。

2015年には米国で最も権威のある医学賞「ラスカー賞」、2017年には同様のイスラエルの医学賞「ウルフ賞」を受賞していました。

本庶教授は1942年生まれの76歳。京大医学部卒業後、渡米してカーネギー研究所や国立衛生研究所で免疫学の研究に従事。東大助手、阪大教授、京大教授等を経た、昨年まで静岡県公立大学法人理事長。現在は京大高等研究院の特別教授(副院長)だそうです。

早くから注目され、別の免疫研究でもノーベル賞級の成果を挙げ、平成24年にドイツの権威ある「コッホ賞」を受賞し、よくとしには文化勲章を受章しています。


 次のページ2.デスバレー


関連する記事はありません。