408

 中国三大経済圏とチャイノベーション四大都市

  1.   1. 三大地域
  2.   2. 四大都市
  3.   3. ユニコーン

10月初旬、北京・深圳・香港に出張し、現地IT企業や進出日本企業、日本政府関係者と面談してきました。3年振りの中国でしたが、中国は行く度に変貌しています。北京を中心とする「京津冀」エリア、上海を河口とする「長江流域」エリア、香港・深圳を中心に広東省を従える「粤港澳大湾区」エリア。この三大地域を中心に発展し、ユニコーン企業も続出。中国の動向に常に注目していく必要があります。


1.三大地域

2010年にGDP規模で日本を抜いた中国。経済成長率は鈍化しつつも、規模の拡大、企業や産業の進化が続いています。2020年代中頃には、GDP規模で米国を上回るでしょう。

経済的にはバブル崩壊リスクが内在しているうえ、政治的にも難問山積。新疆ウィグル自治区での民族弾圧、共産党一党独裁の軋轢等、不安定要素は多いですが、それでもなお、中国の影響力は強まり続ける蓋然性が高く、隣国日本は難しい舵取りを迫られます。

現時点における中国経済の地域的特徴として、三大地域と四大都市を理解しておくことが必須です。まずは三大地域。

第1は、北京を中心とする「京津冀」エリア。第2は、上海を河口とする「長江流域」エリア。第3は、香港・深センを中心に広東省を従える「粤港澳大湾区」エリア。

「エリア」と言っても、「京津冀」は日本の本州の半分、「長江流域」は日本全土、「粤港澳大湾区」は九州並みの広さです。

「京津冀」エリアは、北京市、天津市、河北省から構成されます。中国の「市」は日本の「市」とは異なり、「省」並みの権限を有する行政単位です。

河北省の旧称は「冀州」であることから、略称は「冀」。この「冀」を引用して「京津冀」と命名されています。

前回訪中した3年前の4月、中国共産党の中央政治局会議で「京津冀協同発展計画綱要」が採択され、このエリアの新たな開発がスタート。

同会議の資料を読むと、この計画の狙いは、「北京市の非首都機能の分散」、「経済構造と空間構造の調整」、「人口密集地域の開発の最適化」の3つ。何となく理解できます。因みにひとつめは「首都機能の分散」ではなく、「非首都機能の分散」です。

中国財政部(財務省)の推定では、2015年から2020年の間の「京津冀」エリアへの投資額は約42兆元(約677兆円)。桁違いの規模で現在進行中です。

その中で、昨年4月に開発計画が発表された河北省内の「雄安新区」。「長江流域」エリアの「浦東新区」、「粤港澳大湾区」エリアの「深セン経済特区」に次ぐ国家プロジェクトとして位置づけられました。

「長江流域」エリアは、上海市、江蘇省、浙江省、安徽省、江西省、湖北省、湖南省、重慶市、四川省、雲南省、貴州省から構成されます。

「長江流域」エリアには、他の地域と比べると早くから工業化や都市化が進んだ地区が多いため、汚染や環境破壊が問題視されていました。そのため、今後は極端な大規模開発は行わず、生態環境の回復・保全を優先する「グリーン発展」を目指すとしています。

例えば、このエリアの内陸主要都市で、自動車産業が栄える重慶市。中心部の「両江新区」では新エネルギー車の生産に力を入れています。

「両江新区」での新エネルギー車生産台数は昨年1万7000台。「両江新区」では新エネルギー社の産業化が進み、長安自動車、力帆(リーファン)、重慶金康等の関連企業による燃料電池等の研究開発の中心となっているそうです。

長安自動車は自動運転の公道実験を開始しており、既に「レベル4」に達していると聞きました。2025年には「レベル4」の車両の大量生産に入る計画のようです。

新エネルギー車のレンタルに関する国際提携も進んでおり、長安自動車は中国検索エンジン最大手の百度(バイドゥ)と組んで米国シリコンバレーに開発とレンタルの両面で進出。シンガポール、インド、タイ、スペインでも、来年、レンタルがスタートする見込み。

「粤港澳大湾区」エリアは、広東省内の9都市(広州市、東莞市、深セン?市、恵州市、仏山市、中山市、珠海市、江門市、肇慶市)と香港・マカオの特別行政区から構成されます。

香港・マカオは初めて中国の地域発展計画の中に組み込まれました。中国は、香港・マカオにおける「一国二制度」を建前上堅持しつつ、香港・マカオ・広東省を一体的に発展させることを企図。

しかし、波紋も呼んでいます。9月23日に深セン・香港間が開通した高速鉄道の香港側に中国入管が設置されたため、香港独立派が反発。

訪香時に利用しましたが、入管の内側は官僚的な雰囲気。入管を出た途端に職員も警官の雰囲気は軟化。

高速鉄道の香港駅(西九龍駅)は金融センター(シティ)のド真ん中。混乱はありませんでしたが、たしかに香港に中国の橋頭堡が進出した印象です。因みに、高速鉄道は新幹線にソックリでした。

先週23日、香港・珠海・マカオを結ぶ世界最長の海上大橋「港珠澳大橋」(海底トンネルも含め約55km)が開通。鉄道と道路が中国本土につながり、香港・マカオは本格的に北京政府の開発計画や産業政策に組み込まれていくことでしょう。


 次のページ2.四大都市


関連する記事はありません。