418

労働生産性の真実とレジ打ち論争

大塚耕平

 労働生産性の真実とレジ打ち論争

  1.   1. 愚者のサイクル
  2.   2. レジ論争
  3.   3. 150万円の壁

平成31年度(新元号元年度)予算が成立しました。予算の中身も問題がありますが、そもそも前提となっている経済状況の認識、経済政策の考え方に問題があります。さらには、それらの前提(つまり前提の前提)になっている経済データに疑義が生じたにもかかわらず、検証もデータ公開もしないままの予算成立。野党の非力を大いに反省しつつ、「黒い物も白い物と言い張る」現政権の姿勢は「民主主義の危機」と言わざるを得ません。


1.愚者のサイクル

昨年1月22日の日経新聞一面トップ記事。内容は日本の賃金や労働生産性に関するものであり、その見出しは以下のとおりでした。

「日本の賃金、世界に見劣り」「生産性の伸びに追いつかず」「国際競争力を左右」「G7のうち日本だけが賃下げ」「人材流出の恐れ」。由々しき事態です。

具体的には2013年以降、実質賃金の伸びが労働生産性の伸びを下回り、2013年から2017年の5年間で日本の労働生産性は9%伸びた一方、実質賃金上昇率は2%。その差7%はどこにいったのでしょうか。

政府は企業の賃上げ率が上昇してきたと喧伝してきましたが、それでも主要国の中で日本の賃金水準が低いことが問題なのです。

OECD(経済協力開発機構)公表の各国実質賃金(各国通貨ベース)を見ると、G7の中で日本だけが2000年よりも低い水準。

政府や企業が「人件費が増えると国際競争力が落ちる」と考え、賃上げを渋ってきたことが原因です。2000年以降、大半の国民は所得増加の実感はありません。上述のとおり、現に2000年水準を下回っているのですから当然です。

「労働生産性が低いことが低収益、低成長の原因。労働生産性が向上すれば、企業収益もGDPも増加する」というロジックは、日本の政府及び企業の典型的な固定観念。生産性の定義や意味を正しく理解していません。

労働生産性の定義式は、GDPを労働者数で除します。労働者数一定とすれば、GDP増加で労働生産性上昇。逆に、GDP一定とすれば、労働者数減少で労働生産性が上昇します。

つまり、政府の政策や企業の戦略が奏功してGDPが増加すると、結果として労働生産性は上昇。奇妙な話ですが、失業者増加(労働者減少)で労働生産性は上昇します。高失業率の国の労働生産性が意外に高いことの一因です。

昨年の予算委員会や党首討論(代表当時)ほか、あらゆる機会でその点を総理に伝え、発想の転換を促してきましたが、なかなか効果が出ません。

今年2月6日、3月6日の予算委員会でも、諦めずに引き続き同様の視点で議論をした矢先、3月19日の日経新聞朝刊が1面トップで再び的確な記事を掲載しました。

見出しは去年より一段と踏み込んだ印象です。曰く「賃金水準、世界に劣後」「脱せるか『貧者のサイクル』」。

OECDのデータによれば、過去20年間で日本の労働者の時給は9%低下し、主要国で唯一のマイナス。政府や企業が賃金を抑制してきたために、日本の賃金水準が欧米に著しく劣後していると報じています。

同期間の他国の時給増加率を見ると、英国87%、米国76%、フランス66%、ドイツ55%。韓国は何と2.5倍。日本の平均年収は米国を3割も下回っています。

バブル崩壊後の「3つの過剰」(設備、雇用、債務)対策として、1990年代後半から賃下げに傾斜した日本企業。気がつけば、日本の賃金は世界から大きく引き離されています。

長い間「生産性が低いから賃金が上がらない」というアベノミクスの論理をサポートしてきた日経新聞ですが、昨年来、社論を変えたような印象です。もちろん、評価します。

そして今回の記事では「低賃金を温存するから生産性の低い仕事の効率化が進まない」と主張し、「付加価値の高い仕事への転換も遅れ、賃金が上がらない」ことを「貧者のサイクル」と表現。

「貧者のサイクル」とは初めて接した表現なので、何かの論文の引用かと思い調べてみましたが、どうも日経新聞の造語のようです。

「賃金は安いほどいい」「労働生産性が上がれば賃金が上がる」という愚かな考え方に囚われた愚行によって「労働生産性の伸びに賃金が追いつかない」という状況が起きていることを鑑みると、「貧者のサイクル」というより「愚者のサイクル」と表現する方が的確です。

「愚者にも一得」という言葉があります。「愚かな者の考えることでも、ひとつぐらいは良い点がある」というような意味。「背水の陣」で有名な「井陘(せいけい)の戦い」で勝者(韓信)が敗者(広武君)に対して言った言葉に因んでいます。

「賃金は安いほどいい」「労働生産性が上がれば賃金が上がる」「労働生産性が低いことが経済や業績が伸びない理由」という考えに固執する愚者には一得もありません。


 次のページレジ論争


関連する記事はありません。