435

新型コロナウィルスと武漢封鎖

大塚耕平

本日(2月1日)、英国がEU(欧州連合)を離脱。1980年代、90年代、2000年代のEU拡大を見てきた世代にとって、想像できなかった事態だと思います。1989年のベルリンの壁崩壊、東西冷戦終結も、1950年代、60年代、70年代の冷戦構造の中で現役だった世代には、想像できなかった事態だと思います。さて、今常識だと思っていることは何か、絶対に崩壊しないと思い込んでいることは何か。今後も冷静かつ論理的に内外情勢を凝視していきます。


1.ヒトヒト感染

本日(2月1日)現在、中国政府(衛生健康委員会)は新型コロナウィルス感染者10791人、死者259人との最新情報を発表。

昨日(1月31日)、米国はWHO(世界保健機関)に準じて「公衆衛生上の緊急事態」を宣言。本日、日本は同ウィルスによる発症を、患者の強制入院や就業制限が可能となる感染症法上の「指定感染症」とする政令を施行。また、14日以内に中国湖北省滞在歴がある外国人の入国を拒否する措置も始めました。

世界的パンデミック(大流行)となった新型コロナウィルスによる感染症。とりあえず発生端緒からの経緯を整理しておきます。

昨年12月8日、武漢市で原因不明の肺炎患者が発生。この時、保健当局は何も発表せず、内部報告書を作成。

12月30日、保健当局内の内部公文書「原因不明の肺炎の治療の改善に関する緊急通知」がインターネット上に出回り、新型肺炎の存在が知られることとなりました。

12月31日、湖北省武漢市疾病予防センターが、武漢市で原因不明の肺炎が発生していること、患者が華南海鮮市場の出店者であることを認め、同日、武漢市衛生健康委員会が発症者27人、うち7人重症の事実を国家衛生健康委員会に報告。

2020年1月1日、江漢区市場監督局と衛生健康局が華南海鮮市場を閉鎖。12月30日に公表し、1月1日に市場閉鎖という迅速さから推測すると、当局は早くから事態を把握していた、あるいは華南海鮮市場が原因であることを浸透させたかったという印象を受けます。

1月初はまだ「ヒトからヒトへの感染」は確認されず、病原も未検出。1月7日、原因が新型コロナウィルスと特定され、1月9日に最初の死者が発生。1月13日には初めて中国域外、タイで発症者が確認されました。

1月15日、2人目の死亡者発生。18日1人、19日1人、20日2人、21日3人と死亡者が増え、事態は深刻化していきます。

1月20日、国家衛生健康委員会が、医療関係者にも感染者が出たこと、ヒトヒト感染の可能性が高いこと、武漢市には行かない方がよいこと、等を発表。

1月20日、隣国北朝鮮が、世界各国に先駆けて22日から中国人観光客の入国禁止を決定。中国当局から何か情報を得ていたのかもしれません。

1月21日、中国メディアが、武漢市内の病院のウィルス検出薬品と患者収容能力が既に限界に達していることを報道。中国の体質からすると、これも異例の報道です。

1月24日、WHOはベトナムでもヒトヒト感染が発生したこと、同じくコロナウィルスが病原であったSARS(重症急性呼吸器症候群)やMERS(中東呼吸器症候群)と同様に咳やくしゃみ等による飛沫や直接接触等で感染する危険性があることを警告。

1月24日、フィリピン航空当局は、武漢市からカリボ国際空港に到着した中国人観光客464人を強制送還。

旧正月(春節)入り(1月24日)直後の25日、中国政府は「27日から国民の海外旅行禁止」「武漢市封鎖」を決定。同日、武漢市では医師が新型肺炎により死亡。

中国政府の対応は遅きに失し、1月26日、武漢市市長が「封鎖前に既に500万人が市外に出たと推定される」と発表。

発症初期には「原因不明の肺炎」と報道されていましたが、WHOが「2019年新型コロナウィルス」と命名。中国国内では「新冠肺炎」「武漢肺炎」「武漢海鮮市場肺炎」とも呼んでいます。

症状は、発熱、全身倦怠感、乾咳、下痢、吐気、頭痛、呼吸困難、胸部圧迫感等と報道されているほか、発熱せずに死亡した人もいるようです。

新型コロナウィルスは浙江省舟山市のコウモリに宿主するSARSウィルスに近いことが判明。タケネズミ、アナグマ、ヘビ等の野生動物を介して人に感染したと見られます。

SARS(Severe Acute Respiratory Syndrome)「重症急性呼吸器症候群」は2002年末から2003年夏にかけて中国南部で流行。WHOによれば、感染者8096人、死亡者37ヶ国774人(致命率9.6%)。感染者8422人、死亡者916人(致命率11%)との研究報告も出ています。なお、今回の武漢肺炎の最初に発表された感染者41人の致命率は15%です。

1月6日に発表された日本での初感染者は、武漢市に渡航歴のある神奈川県在住30歳代中国人男性。以来、本日(2月1日)現在で17人。


 次のページ2.コロンブス交換


関連する記事はありません。