436

ブラックスワンとコロナ危機

大塚耕平

ブラックスワンとコロナ危機

2月7日発表の昨年12月の景気動向指数CI(一致系列)は94.7。3.11後の景気停滞期に近い水準で、景気判断は5ヶ月連続の悪化。2月17日に発表された昨年第4四半期(10月から12月)実質GDPは6.3%減少。昨秋の消費増税、台風等の影響で5期振りのマイナス。COVID19による新型肺炎の影響で、今年の経済は波乱含みのスタートです。


1.ブラック・スワン

昨年6月、米国有力投資ファンド「カーライルグループ」創始者デビット・ルーベルスタインが日経新聞のインタビューを受けていました。

「現在の金融市場にとってブラック・スワンとは何か」と問われ「地政学リスク」「政府債務」「パンデミック(感染症大流行)」と回答。COVID19による新型肺炎を予見するような内容でした。

かつて英語に「無駄な努力」を示す慣用句として「黒い白鳥(ブラック・スワン)を探すようなもの」という表現がありました。「黒い白鳥」はいないという前提です。

ところが1697年、オーストラリアで黒鳥(黒い白鳥)が発見され、鳥類学者の常識も英語の慣用句も覆りました。以来「常識が覆ること」「物事を一変させること」を象徴する言葉として「ブラック・スワン」が定着。

金融界では「あり得ないことが発生し、常識が覆り、予想外の大きな影響を受けること」を示す「ブラック・スワン理論」が登場。筆者の日銀時代には聞いたことがありませんでしたが、元ヘッジファンド運用者の心理学者ナシーム・ニコラス・タレブの2006年の著書「ブラック・スワン」で提唱されました。

その後、確率論や経験論では予測できない現象(事象)が発生し、それが多大な影響を与えることを総称した比喩として浸透。今では「ブラック・スワン理論」に基づいた運用戦略を実践している投資会社もあるそうです。

因みに「ブラック・スワン」と呼ばれる「黒鳥(Cygnus atratus)」はカモ目カモ科ハクチョウ属でオーストラリア内陸部に生息する固有種。白鳥のような「渡り」は行わず、オーストラリアに定棲。黒い羽根の先端(二列風切羽)だけが白い美しい姿です。

COVID19が「ブラック・スワン(あり得ないはず)」のパンデミックと断定するのは時期尚早ですが、未発症感染者にも感染能力があり、パンデミックの危険性は否定できません。

英国の専門家グループは「2月初で感染者は推計25万人」と推計。COVID19対策は、SARSではなくスペイン風邪を参考にして講ずるべきと指摘しています。

メルマガ前号で記したとおり、A型インフルエンザH1N1だったスペイン風邪の死者は2年間で5000万人に上り、第1次大戦の終結を早めたと言われています。

一方、大戦後のパリ講和会議でドイツに過大な賠償金が課された一因は、それに批判的だった米国ウィルソン大統領がスペイン風邪に感染して体調を崩し、重要な局面で影響力を発揮できなかったためと伝わります。

つまり、スペイン風邪は第1次大戦を早く終わらせた一方、第2次大戦の遠因になったとも言えます。パンデミックが世界の歴史を動かした過去があるからこそ、前述のルーベルスタインは「ブラック・スワン」と指摘しているのです。

偶然ですが、ブラック・スワンの生息地オーストラリアは、スペイン風邪の際に海港における厳格な検疫が奏効し、国内へのウィルス侵入を6ヶ月遅らせることに成功。

しかし現在のように、航空機で多くの人が移動し、かつ無発症感染者に感染力がある状況では、オーストラリアのような成功の再現は困難です。

独立行政法人経済産業研究所のレポート(2月4日付)は「中国からの感染者入国阻止は無理」「100年ぶりのパンデミックを引き起こす可能性」と断じています。

メルマガ前号で整理したとおり、武漢での症例発生は昨年12月初、中国政府が集団渡航禁止等の措置を始めたのは更年後の1月下旬。年末年始に大量の中国人が日本をはじめ世界各国に渡航していますので、水際対策はその段階で失敗しています。

「まず大騒ぎし」「その後は根拠なく影響を過小評価し(正常化バイアス)」「飽きて関心が別のことに移る」という傾向が強いのが、日本の社会とメディアの特徴。

現在は初期段階ですが、「COVID19の致死率は低いので大丈夫」とコメントするメディアや専門家が出始めています。

スペイン風邪の致死率はCOVID19の武漢での致死率と同程度と聞きます。しかし、死者は5000万人。影響を根拠なく過小評価することは、注意力を低下させ、スーパースプレッダー(多数の人に感染させる感染者)出現の可能性を高めます。

正常化バイアスはメルマガ(Vol.303、2014.1.6号)や拙著(「3.11大震災と厚労省」丸善出版、2012年)で取り上げてきましたが、COVID19の今後においても要注意です。


 次のページ2.チャイナ・セブン