439

抗体検査の精度が鍵

大塚耕平

抗体検査の精度が鍵

毎年4月に公表される世界報道自由度(情報公開)ランキング。新型コロナウィルス感染症の影響で2020年版の公表が遅れているようです(そろそろかもしれません)。昨年は180ヶ国中67位。2010年には過去最高の11位でしたが、ここ数年間で大きく後退。現下の新型コロナウィルス感染症対策としての「緊急事態宣言」に関しても、政府の情報公開姿勢、説明責任に対する認識の希薄さが懸念されます。


1.底数と基本再生産数

4月7日に発令された5月6日までの「緊急事態宣言」。「当面2週間の様子を見極める」と言っていた安倍首相ですが、それを待たずに4月16日に全国に拡大。

欧米諸国より感染者発生が早く、2月中から「不要不急の外出自粛」を呼びかけ、「瀬戸際」「ギリギリ」発言を続けていた安倍首相。

なぜ4月7日から「緊急事態宣言」となり、なぜ4月16日から全国に拡大されたのか。定性的、情緒的な説明はあっても、定量的、客観的なデータに基づいた説明がないことが気になります。

その展開を理解するうえで「キネティクス(Kinetics)」に基づくデータが有用です。「キネティクス」とは「速度論」と訳され、時間による変化を対象とする研究。感染症に関して言えば、どのぐらいの時間で感染者や死亡者がどの程度増えるかを予測します。

政府が公式な説明をしないため、様々な専門家が独自に情報を発信。過日、東大伝染病研究所(現医科学研究所)出身の黒木登志夫博士のレポートに接し、合点がいきました。

メルマガ前号で感染症対策は、第1段階の封じ込め、第2段階の感染速度抑制、第3段階の感染根絶に分かれることを説明しました。日本は封じ込めに失敗し、現在は感染速度抑制に転じています。

感染者数は指数関数的に増加します。加速度的な右肩上がりの曲線グラフも見慣れたことと思います。

「キネティクス」の観点からは、指数関数グラフを対数分析して片対数グラフ(縦軸が対数)に転換。すると直線が得られ、先行きを予測し易くなります。

高校数学の世界ですが、直線の傾きを表すのが「底数」です。レポートによれば、3月24日を境に「底数」が上昇、つまりグラフが急勾配化。4月4日までのデータから推測すると、4月末の東京都の感染者は32000人、致死率3%とすると死亡者は約1000人強。

こういうデータに基づいて4月7日から「緊急事態宣言」になったとの説明であれば理解できます。政府はそうした定量的、客観的な説明を行う必要があります。

そして2週間を待たずに「緊急事態宣言」を全国に拡大。この間のデータの変化を説明し、国民の納得性を高めることは政府の責務です。

4月15日、政府対策本部の西浦博北海道大学教授が最悪ケースで死亡者約42万人との推計を公表。「個人的推計」としながらあえて公表した背景には、片対数グラフに基づく予測値が悪化していることを想像させます。

翌16日、「緊急事態宣言」が全国に拡大されたことから、その意を強くしましたが、あいかわらず政府からは定量的、客観的データに基づく説明はなし。

「由(よ)らしむべし、知らしむべからず」というのは「国民に詳しい説明をする必要はなく、お上の方針に従わせておけばよい」という日本の権力の悪しき体質。

死活的犠牲を払って協力している国民に対し、政府が定量的、客観的データに基づいた説明責任を果たすことが必要です。

そうした観点からもうひとつ重要なのは感染者の「基本再生産数」。「1」の場合は1人の感染者が1人に感染させることを意味します。英独政府は「基本再生産数」に基づく説明を行っており、経済活動再開の参考基準としています。

上述の黒木博士のレポートには、今のところ日本の死亡者が相対的に少ない背景に関する興味深い情報も含まれていました。

それはBCG接種との関係です。BCG接種が新型コロナウィルスの感染拡大防止に影響しているとの見方は、どうやら疫学的には相関関係があるようです。

日本は2004年までツベルクリン反応陰性の児童にBCG接種を行っていましたが、現在は生後3ヶ月から6ヶ月の乳児に接種。

イベリア半島では、1981年にBCG接種を止めたスペインが感染爆発に至ったのに対し、接種を続けているポルトガルでは感染者数が相対的に少なくなっています。

ドイツは1998年にBCG接種を中止したものの、それまでは旧東ドイツはソ連株ワクチンを接種。旧西ドイツは欧州株ワクチンを接種。現在の新型コロナウィルス感染症の感染率は旧東ドイツで低く、旧西ドイツで高い傾向が顕著に出ています。

単にBCG接種の有無だけでなく、使用していたワクチン株の差もあるようです。旧西ドイツと同じ欧州株を使用していたフランスも感染拡大が続いています。

中東に目を向けると、日本株によるBCG接種を行っていたイラクは感染が少なく、自国株を使用していたイランは深刻な事態になっています。なお、ワクチン株とは実際のウィルスを予防接種用に弱毒化したものを指します。

しかし、BCG接種と新型コロナウィルスの病理的関係は解明されていないため、医学界は現段階では対策としてBCG接種を行うことは推奨していません。


 次のページ2.迅速検査と定量検査