447

半導体業界のスイス

大塚耕平

半導体業界のスイス

菅政権が発足。デジタル庁が話題になっていますが、技術革新における日本の遅れは危機的状況。デジタル庁を作っている間にも世界との距離は広がります。そうした観点から目が離せないニュースがソフトバンクグループ(SBG)によるArm(アーム)のNVIDIA(エヌビディア)への売却合意。以下、耳なれない企業名や技術用語が登場しますが、こういうニュースの深層を理解、共有することも、日本の重要な課題です。


1.ジェン・スン・ファン

4年前のメルマガ364号で、ソフトバンクグループ(SBG)による英半導体設計企業アーム(Arm)買収の背景、そしてArmがどのような意味で超重要な企業であるかをお伝えしました。その年、英国ケンブリッジにあるArmにも行きました。

2020年9月13日、SBGがそのArmを米企業エヌビディア(NVIDIA)に売却することを決定。NVIDIAが自社Webサイトで公開した声明をもとに、事実関係を整理します。

売却額は最大400億ドル(約4兆2千億円)。NVIDIAは買収資金の一部を自社株で賄います。売却契約時にArmに20億ドル、SBG及びSVF(ソフトバンク・ビジョン・ファンド)に現金100億ドルとNVIDIA株215億ドル分(4430万株)を支払います(株評価額は直前30日間のNVIDIA株価終値の平均値から算出)。

買収後、業績に応じて対価の一部を後払いする「アーンアウト」として最大50億ドルを現金か株でSBGとSVFに支払うほか、Arm社員に15億ドル相当の株式報酬を付与。なお、NVIDIAは現金部分は手元資金で賄うそうです。

その結果、SVFの既往保有分を含め、SBGはNVIDIA株を6.7%から8.1%保有するものの、NVIDIAはSBGの子会社、関連会社にはならない方針です。

4年前のメルマガ送信後にArmに関して多数の質問をいただきました。今回も、NVIDIAのArm買収が半導体産業や国際関係に与える影響の大きさを踏まえつつ、整理します。

NVIDIAは米カリフォルニア州サンタクララにある半導体企業。CG(コンピュータ・グラフィックス)処理に用いるGPU(グラフィックス・プロセッシング・ユニット)の設計が主業。

Armと同様のファブレス(自社工場を有しないOEM<委託製造>専業)企業。主なファウンダリー(OEMメーカー)はTSMC(台湾積体電路製造)です。

製品名に少々深入りしますが、PC(ゲーム)用のGeForce、プロ用のQuadroやNVS、スパコン用のTesla、スマホ・タブレット用のTegra等が主力です。

NVIDIAはジェン・スン・ファン(黄仁勳、現在も社長兼CEO)が1993年に設立。ファンは台湾系米国人。オレゴン州立大、スタンフォード大で電気工学を専攻。マイクロプロセッサ設計者等として働いた後、30歳の誕生日にNVIDIAを起業しました。

コンピュータ演算処理に用いる半導体はCPU(セントラル・プロセッシング・ユニット<中央処理装置>)と上述のGPUの2つが柱であり、ArmはCPU設計の世界の中心企業。一方、NVIDIAはGPUの主力企業。

ArmとNVIDIAのそれぞれの分野における立場は根本的に違います。Armは設計IPを半導体メーカーに提供しています。IPはIntellectual Propertyの略で「知的財産」「設計資産」という意味です。

つまり、半導体メーカーはArmの設計IPを購入して製品を作っています。詳しくはメルマガ364号をご覧ください。

Armの設計IPが優れているために、Intel、Apple、Google、HP等の米国企業のみならず、Huawei等の中国企業を含む、世界の主要企業がArmの顧客(以下、顧客群)です。

Arm設計IPを使用したCPUは既に世界で1800億個以上提供され、顧客群は1000社以上。2019年出荷の半導体のうち228億個がArm設計IPを使い、シェアは約34%。電力効率に優れていることから、スマホ向けのシェアは9割以上です。

最近ではスマホからインフラへも利用が広がり、演算速度世界一を奪還した日本のスパコン「富岳」やアマゾン・ウェブ・サービス(AWS)にもArm設計IPが採用されています。

喩えて言えば、ArmはCPU分野における公共財のような存在。Armを買収するNVIDIAはGPU分野でそこまでの域には達していません。その違いに、今回の買収に纏(まつ)わる問題点が存在しています。

米中欧、台湾、韓国等を含む世界の主要半導体企業がArmの顧客群に含まれています。さらに喩えて言えば、Armは高速道路のような存在で、その上を走っている車の様々なメーカーが顧客群になります。

Armを買収するNVIDIAは、GPU分野ではその顧客群と競合関係にあり、最も性能の良いGPU設計企業という存在です。

NVIDIAがArmを買収することは、高速道路も自社の支配下に置くことを意味し、その上を走る競合他社が懸念を抱くのは当然の帰結。

競合他社は、公共財であるArm設計IPがNVIDIAに優位に構築されたり、NVIDIAだけに情報開示されることを懸念しています。


 次のページ2.半導体業界のスイス