448

AIと兵器

大塚耕平

AIと兵器

トランプ大統領がコロナ感染で入院。本人は「とても具合がいい」とツイートしましたが、メドウズ首席補佐官が「病状は予断を抱けず、次の48時間が非常に重要」とコメント。未承認の抗体カクテルも投与されたと報道。トランプ大統領が回復し、米国の混乱と世界の混迷を回避するためにも、大統領選挙が正常に行われることを祈念します。日本も引続きコロナ禍。ライフスタイルやビジネスモデルが変化しつつありますが、メルマガ445号に続いてDX(デジタルトランスフォーメーション)に関連する話題をお伝えします。


1.LAWS(ローズ)

DXはあらゆる分野で加速すると思いますが、日本の社会、企業、個人がその流れに上手く乗れるか否か、予断は抱けません。メルマガ445号でお示ししたとおり、DXを誤解、曲解した展開にならないように個人的にも努力したいと思います。

あらゆる分野で加速するということは、軍事分野も例外ではありません。人間が戦争をしない、戦争のルールや展開が変わる、戦争の概念が変わるという現象をもたらします。

西アジアのカスピ海と黒海の間で、アゼルバイジャンとアルメニアが領土問題を背景にして武力衝突中。双方が世界に向けて自国を正当化するプロパガンダを展開していますが、ドローン(無人機)が撃墜される映像も公開されました。

ドローンは米露中を中心とした軍事先進国の兵器のような印象を受けますが、今やその他の国でも通常の実戦兵器化していることを証明しました。

折しも、日本でも有人戦闘機とドローンが編隊を組む計画が具体化。母機となる戦闘機1機につき3機のドローンを編隊化し、空中戦での支援・援護に当たらせる構想です。来年度に実験機製造に着手し、4年後に実験飛行、15年後の実戦配備を目指しているようです。

ドローンを含む無人兵器には、いくつかの分類があります。詳細は後述しますが、中でもAI(人工知能) の判断で自律的に動く「自律型致死兵器システム」(Lethal Autonomous Weapon Systems)は、別名「キラー(殺人)ロボット」と呼ばれています。

AIの急速な進化により、AIが自律的に操作する無人兵器の実戦配備が現実化し、米露中を筆頭にフランス、イスラエル、韓国等、10数ヶ国がLAWSの開発を進めています。

LAWSが実戦配備されれば、火薬、航空機、核兵器に次ぐ軍事技術の「第4 の革命」です。戦争の様相も概念も根本的に変える可能性が高く、「AIに人命を奪う判断を任せてよいのか」「その場合の責任は誰が負うのか」等の議論が既に行われています。

ニューヨークに本部を置く人権NGOであるHRW(Human Rights Watch)は、2012年のレポートで30 年以内にLAWSが実用化されると予想。既に8年経過したので、あと22年後。技術革新の加速を鑑みると、10年から15年後と考えるのが現実的です。

HRWレポートの2年後、2014年から特定通常兵器使用禁止制限条約(Convention on Certain Conventional Weapons)の枠組みの中で、非公式専門家会合としてLAWS規制の国際的議論がスタートしました。

核兵器、化学兵器、生物兵器以外の通常兵器の使用制限を定める国際合意としては、古くは1868年のサンクトペテルブルグ宣言のほか、1899年のダムダム弾禁止宣言やハーグ陸戦条約があります。

ハーグ陸戦条約では「不必要な苦痛を与える兵器」の使用が禁じられましたが、「不必要な苦痛」とは何でしょうか。この種の議論から、人間社会の暗澹たる未来が垣間見えます。

LAWSに関する上述の非公式専門家会合は2017年から公式の政府専門家会合に格上げされ、議論の結果、昨年(2019年)のCCW締約国会議で11項目の指針が全会一致で採択されました。

指針は来年(2021年)開催予定の第6回CCW運用検討会議において見直しの議論が行われることも決定。技術、法律、軍事等の観点から検討を進め、国際規制の締結を目指しています。

そうした中、国連のグテーレス事務総長は今年1月22日に行った所信表明演説で、21世紀の脅威として、地政学的緊張、地球温暖化、グローバル規模での政治不信、科学技術発展の負の側面(The dark side of technology)の4つを挙げました。

このうち「科学技術発展の負の側面」に関連して、事務総長は「AIは人類に大きな進展とともに大きな脅威をもたらしている。人間の判断を介さずに殺人が行える自律型致死兵器は、倫理観と政治的観点から受け入れられない」と発言。

この時期、世界はコロナ禍に関心が集中し、あまりニュースにもなりませんでしたが、事務総長が所信表明でLAWSに言及したことは、事態が逼迫していることを示唆しています。


 次のページ2.人間の判断


関連する記事はありません。