462

インド型三重変異株

大塚 耕平

インド型三重変異株

昨日から首都圏の緊急事態宣言が延長されました。さらに、大阪府、愛知県等7府県にも発令。結局、ゴールデンウィーク中の行動自粛は感染収束にあまり寄与しなかったことになります。一生懸命協力してくれた皆さんからすれば、何か腑に落ちない展開だと思います。行動自粛しても感染拡大が続いている原因としては、ウイルスの感染力が強くなっていることが主因でしょう。専門家や研究機関のレポート、関連報道等は極力目を通すようにしていますが、感染力の強い変異株の影響だと思います。前号に続いて、ウイルスに関して整理します。前号も一緒にご覧ください。


1.4番目のVOC

国立感染症研究所、米ジョンズホプキンズ大学、英ケンブリッジ大学等、専門機関のレポートを参考にしています。国内では、東大・熊本大等の研究レポートも参考になります。

新型コロナウイルスの感染爆発に見舞われているインド。今月1日には1日当たり感染者数(以下、同じ)が40万人を突破。医療用酸素不足等、悲惨な状況はニュースでご承知のとおりです。インドは昨年9月に第1波に見舞われ、10万人近くまで増加した後、自国製ワクチン接種によって今年2月中旬には1万人まで減少。

ところが3月から感染増加に転じ、4月5日に再び10万人突破。15日20万人、22日30万人とまさしく感染爆発。そして5月1日40万人超え。2ヶ月間で30倍になりました。その原因は変異株(以下、インド型)の影響です。日本でも21件のインド型感染者が確認されていますが、おそらく他にもインド型感染者(感染判明者のうちのインド型未確認者、未発症未判明の感染者)が存在すると想定されます。

日本では英国型が関西中心に広がっていますが、インド型も空港検疫だけでなく東京都内で見つかっており、今後主流が英国型からインド型に置き換わる可能性があります。3月の空港検疫で判明した感染者157人のうち、インドでの行動歴がある者は8人。4月は24日段階で242人中56人まで増加。4月の月間実績はまもなく発表されます。

ウイルスに変異はつきものですが、新型コロナウイルスの変異率は通常よりも高いと言われています。もっとも専門家によっては、感染力が強い(感染者数が多い)ので変異が発生する件数も多いにすぎず、変異率が高いとまでは言えないとの主張も聞きます。

いずれにしても、変異株をフォローするためにWHO(世界保健機関)がVOC(variant of concern<懸念される変異株>)とVOI(variants of interest<注意すべき変異株>)を指定しています。VOCには英国型、南ア型、ブラジル型、VOIにはフィリピン型、カリフォルニア型等が指定されています。VOC、VOIに指定されるかどうかは、感染力、重症化率、再感染率、免疫力低下率、ワクチン有効性低下率等を加味してWHOが指定します。

4月下旬、WHOはインド型をVOIに指定。5月11日、インド型を4番目のVOCに指定。言わば危険度の格上げ。同時に、現時点では既存のワクチン、診断法、治療法は有効との見方を示しました。

インド型はE484QとL452Rという2つの変異がある二重変異株です。まだ完全に分析されていませんが、感染力、毒性、ワクチン効果等に影響が出る可能性はあります。

メルマガ前号でも解説しましたが、英国型はN501Yの単変異。南ア型、ブラジル型はN501YとE484Kの二重変異です。これに対してインド型はE484QとL452Rという別の場所のタンパク質が変異した二重変異。感染力を高める場所が変異したと見られており、それがインドの感染爆発の原因と見られています。

インド型はグローバルデータベース(GISAID)に2020年10月に初めてインドから登録されました。つまり、インドが最初に登録(インドで最初に発見)されたのでインド型です。インド以外からでは、英国が2021年2月22日、米国が同2月23日に検出し、GISAIDに登録。4月25日時点で日本を含む世界19ヶ国から登録されています。

国立感染症研究所等のレポートを読むと、インド型にはタンパク質の変化(アミノ酸の変化)が13ヶ所発生していますので、正確に言えば二重変異ではないとの指摘もあります。しかし、E484QとL452Rが主要な変異であり、この2つがウイルスの性質(感染力等)に影響を与えていることから、俗に二重変異と言われています。


 次のページ2.E484Q+L452R


関連する記事はありません。

 menu LINK