465

スウッシュ型回復

事務所

スウッシュ型回復

国会が閉会し、オリンピックは1ヶ月後。一方、新型コロナウイルス感染症は東京で再拡大の懸念。しかし、さらに懸念すべきは、世界の変化に日本が取り残されることです。コロナ禍の中で、世界の企業、産業、経済は変化を加速させています。デジタル後進国であることが白日の下に晒され、馬脚を現した感のある日本。世界の現実を認識できず、さらに遅れをとりつつあります。事態悪化を回避するため、自らできる努力を続けます。

1.ILOレポート「COVID-19と仕事の世界」

4月発表の日銀短観では、業況判断指数(DI)の大企業製造業はプラス5。前回20年12月調査から15ポイントの大幅改善でコロナ前(2019年9月)水準を回復。外需が伸びる産業機械や自動車などが牽引役でした。

一方、大企業非製造業の業況判断DIはマイナス1と低迷。前回調査から4ポイント改善したものの、コロナ禍前(2019年9月)のプラス20には大幅に及びません。

3月労働力調査では非正規雇用就業者数が2054万人と13ヶ月連続前年割れ。非正規は3分の2が女性、平均給与は正規の3分の1。非正規雇用者が深刻な影響を受けています。

労働移動も緩慢。昨年の転職者数は前年比32万人減の約319万人と10年振りの減少。転職を希望しても実現しない状況です。

住宅では、高所得者層の購買意欲が旺盛で都心物件が値上がりする一方、近郊では値下がり。中低所得者層の購入手控え、持ち家売却の動きが続いています。

港区や千代田区等では前年比2桁増の値上がりとなっている一方、台東区や墨田区では前年比マイナス。住宅価格二極化は地域間の行政水準や所得の格差拡大につながります。

都心物件値上がりは高所得者層やファンド等による投資目的の購入が影響。不動産投資額に占める外国人比率は34%とリーマン・ショック直前以来の高水準。世界的な緩和マネーが流入しています。

こうした傾向は諸外国、とりわけ米国でも顕著。今年第1四半期のGDP(国内総生産)は前期比年率換算で6.4%増。今年末にはコロナ前を上回る水準まで拡大する見通しです。支えているのは業績好調な企業や高所得者層の購買力です。

米国の3月貴金属販売は前年比倍増。住宅価格も約1割上昇。富裕層が購入していますが、その一方、若年層、黒人等の経済的弱者は家賃が払えない状況です。

3月の家賃滞納世帯数は約1000万と借手の約2割。3月までの推計滞納額は1千億ドル(約10兆円)とコロナ前の数10倍に達しています。

自動車販売の動向も似ています。独BMW、GM等の高級車が前年比2桁増の伸びを示す一方、相対的に信用力の低いサブプライム層による自動車ローン延滞が急増。支払いが60日以上遅れている借入人は全体の1割を超えています。

失業率は昨年4月の最悪期から改善が続き、3月は6.0%。ところが、黒人失業率は9.6%。5%台だったコロナ前の水準と比べると深刻な状況が続いています。

結果的にコロナ禍の影響で富の集中が加速。米国の上位1%の富裕層は資産全体の3割を保有。コロナ発生後に米国内の所得上位20%は貯蓄を約2兆ドル増加させた一方、下位20%の貯蓄は1800億ドル超減少。

日米のみならず、先進国では概ね共通した傾向であり、今年1月公表のILO(国際労働機関)「COVID19と仕事の世界」というレポートを見ると、世界の状況がよくわかります。

2020年における労働時間損失は、リーマン・ショック時の約4倍に達し、フルタイム労働者(週48時間労働)換算で2億5500万人に相当。

この労働時間損失により、世界の労働所得は2020年に前年比8.3%減少。そして、労働時間損失の半分は雇用喪失、残りの半分は雇用維持のための労働時間短縮によるものです。

雇用減少率は男性(3.9%減)を女性(5.0%減)が上回り、成人(25歳以上、3.7%減)よりも若年層(24歳未満、8.7%減)が大きくなっています。

また同レポートは、産業間の二極化、国家間の二極化、労働者間の二極化が深刻化していることも指摘。さらに、二極化現象は全ての国に見られるものの、強力な労働市場支援措置を講じているフランス、韓国、タイ、英国等に比べ、ブラジル、コスタリカ、スペイン、米国等においてより深刻であるとしています。

こうした中、バイデン大統領は中間層復活を目標に掲げ、トランプ政権時代に引下げられた法人税率を引上げ、キャピタルゲイン課税等も強化する方針を表明。

バイデン大統領は「民主主義はもろい」と語り、格差拡大是正に躍起。米製造業の雇用は約40年間で4割弱、700万人減りました。中間層復活の成果が顕現化する前に中間選挙や大統領選挙を迎えると、トランプ再来のシナリオも現実味を増します。


 次のページ2.K字型回復


関連する記事はありません。

 menu LINK