467

ウッドショック

事務所

ウッドショック

2020年の国内新設住宅着工戸数は81.5万戸となりました。日銀の新人時代に住宅・木材業界の産業調査を担当しており、当時は年間180万戸が好況・不況の境目と聞かされていたことを考えると、隔世の感です。その住宅・木材市場で供給不足と価格高騰が話題になっています。

1.第4次ウッドショック

今年3月の新設住宅着工戸数は21ヶ月ぶりに増加に転じました。景気回復の兆しと好感していた矢先、住宅・木材市場でウッドショックが顕現化しました。

ウッドショックは世界的な木材不足、それに伴う価格高騰を指します。木造住宅・建築市場に影響を及ぼしていますが、とくに日本での影響が大きい状況です。

日本は北米・欧州等から木材を輸入していますが、製材のみならず、原材料(原木やラミナ)も供給不足に陥っています。

需給逼迫を映じて価格も高騰。もともと過去数年、価格は上昇傾向にありましたが、ウッドショックで加速しています。

国交省算出の建築工事費デフレーターは、2001年から過去20年で最低は2002年の93.8、最高は2019年の112.4です。約2割弱上昇しています。

そこからウッドショックが発生。CME取引所(シカゴ)材木先物の指標価格は昨年6月に400ドルでしたが、今年6月は約2000ドル。1年で5倍に高騰しました。

国内でも、杉柱材価格は昨年6月が1立方メートル6.7万円、今年6月は8.7万円。1年間で2万円、約1.3倍に値上がりしました。

今年に入ってからの値上がりも顕著です。欧州材は3月に同3.5万円前後でしたが、6月には約8万円。今後の輸入分については10万円という予想も聞きます。わずか半年足らずで3倍近い異常な値上がりです。

この状況を眺め、株式市場から商品市場に投機資金が流れています。

木造住宅の主な工法には、在来工法(軸組構法)、ツーバイフォー工法(枠組壁構法)、木質プレハブ工法等があります。このうち8割近いシェアの在来工法は梁と柱を組んで家の骨組みを作ります。

供給不足と値上がりが深刻なのはその梁や柱に使う輸入材。とくに梁材は柱と柱を繋ぐ横架材であり、これが入手できないと建築が進みません。

木造住宅価格に占める木材費は約1割。3000万円の住宅の場合は300万円が木材費。それがウッドショックで倍になれば、さらに300万円。つまり、3300万円になることを意味します。これでは施主は困ります。

日本木造住宅産業協会の2019年調査によると、梁材の国産材比率は10%、柱材は42%です。合板81%に比べると、梁材と柱材の国産材比率の低さが際立っており、これが供給不足と価格高騰を助長しています。

国産材で梁に適した木材はカラマツですが、量が少ないと聞きます。梁は構造計算や強度に関係するため、設計上も代替が容易ではありません。

梁用輸入材は米松製材やレッドウッド(RW)集成材と呼ばれる木材ですが、ウッドショックは特にこれらの不足と価格高騰を呼んでいます。

柱には杉や檜が用いられますが、これは国産材でも調達できるため、梁に比べると影響は小さいようです。

因みに今回の状況を第3次ウッドショックと表現する業界関係者が多いですが、1983年頃に住宅・木材市場の産業調査を担当していた身としては、第4次という印象です。

最初は高度成長期のインフレもあって価格は高騰。同時期、輸入自由化によって国産材に比べて安く大量に調達できた輸入材が国産材に代替していきました。

第2次は1990年代。バブルによる需要増もありましたが、国連地球サミットが開催され、環境問題に対する関心の高まりが森林伐採制限につながり、供給不足が発生しました。

その過程でローコストを売りにするハウスメーカーが台頭。安い輸入材の依存度が急速に高まりました。

第3次は2006年頃。中国を含む新興国で木材需要が急増するとともに、サブプライム危機前の米国での住宅需要増が影響しました。今回はこれに続く第4次です。


 次のページ2.輸入依存率7割


関連する記事はありません。

 menu LINK