468

高橋是清

事務所

高橋是清

コロナ禍は収束の兆しが見られません。おそらく根絶されることはなく、インフルエンザのように共存していくしかないと思います。変異の頻度が高いのがコロナウイルスの特徴であり、変異に伴ってワクチンの有効性が低下したり、ワクチンを接種しても再感染することがわかっています。予測できること、わかってきたことを踏まえると、要するに治療薬が重要です。ウイルスの特徴がさらに解明され、治療薬が発明されることが期待されます。

1.臥雲辰致

日本企業による治療薬発明が期待されるところですが、依然として日本製ワクチンができていない現実、医薬品の開発力が劣化している現実等を考えると楽観できません。発明や科学技術の権利が十分に保護育成されてこなかった日本の現実が影響しています。

日本で最初の発明保護制度は1885(明治18)年の専売特許条例です。条例に触発されて、多くの発明家、産業人が誕生しました。

最も典型的な発明家が豊田佐吉。言うまでもなく、自動織機を発明した今日のトヨタのルーツです。

豊田佐吉は1867(慶應3)年、静岡(現在の湖西市)生まれ。父親は腕の良い大工。この地方は「ハタゴ」と呼ばれる手織り機で遠州木綿を作る産地であり、豊田家でも母親が機織りをしていたそうです。

佐吉19歳の時に専売特許条例が公布され、伝記によると、佐吉は村の夜学校で「これからは発明者の権利が保護される」ことを知り、自分の進路を決断。上京して発明家としてスタートを切ります。因みに、夜学校とは青年を対象にした自主的な勉強会です。

以来、研究開発・発明活動に没頭。1890(明治23)年、木製の人力織機「豊田式人力織機」を開発し、翌年特許を取得。佐吉24歳のことです。

佐吉は既にその時点で「将来は人力ではなく動力による織機の時代が来る」と予想し、以後の発明につながっていきます。

明治維新直後の日本は輸出するものが乏しく、金や外貨がドンドン流出。心ある多くの人が危機感を抱き、それぞれの考えで殖産興業に邁進しました。

最初に輸出品として頭角を現したのが陶磁器。その立役者は江戸で武具商を営んでいた森村市左衛門(6代目)。先祖は佐吉と同じ静岡(現在の菊川市)がルーツです。

1866(慶應2)年、幕府は学術修養や貿易のための海外渡航を許可。市左衛門は弟を渡米させ、海外貿易の端緒を開きます。

ニューヨークで雑貨屋を出店。骨董品、陶器、団扇、提灯等を輸出。やがて陶磁器のディナーセットやコーヒーカップを生産・輸出するようになり、その後の森村グループ(日本ガイシ、ノリタケ、日本特殊陶業等)に発展していきます。

その次に主要な輸出品に躍り出たのが繊維。明治初期は、絹織物が輸出の6割以上を稼ぐ一方、綿糸、綿布、毛織物の輸入が輸入全体の半分。このため、絹業を伸ばし、綿業・毛業を近代化することが急務でした。

そのため、政府は官営工場を創業し、産業・企業育成を図ります。1872(明治5)年に絹業の富岡製糸場(群馬)、綿業の堺紡績所(大阪)、1879(明治12)年には毛業の千住製絨所(東京)が設立されました。

こうした繊維産業の勃興と密接に関係しているのが専売特許条例です。その契機になった人物は臥雲辰致(がうんときむね)。1842(天保13)年、長野(現在の安曇野市)生まれの辰致は一般にはあまり知られていません。

辰致も殖産興業を目指したひとり。綿業の生産性向上、近代化を企図し、1873(明治6)年に「ガラ紡」を発明しました。

「ガラ紡」とは、回すとガラガラ音がするのでそのように呼ばれた機織り機。西洋からの輸入機織り機に比べて廉価で、かつ手作業の4倍の速さで糸を紡げたことから、爆発的に普及。全国で模倣されました。

1877(明治10)年の第1回内国勧業博覧会で最高賞を受賞。しかし、4年後の第2回には大量の模倣機が出品される一方、発明者の辰致は生活苦に喘いでいました。

その事態を見かねた農商務省の1人の官僚が発明保護の必要性を実感し、1885(明治18)年、専売特許条例を創設しました。因みにその官僚とは、後に日銀総裁、大蔵大臣、総理大臣を歴任する高橋是清です。


 次のページ2.特許制度史


関連する記事はありません。

 menu LINK