472

メタバース

事務所

メタバース

さきほど衆議院が解散されました。岸田総理の所信に対して、昨日代表質問をしました。詳しくは議事録をご覧いただきたいと思いますが、世界の技術革新に遅れをとらないように舵取りをすることを強く求めました。宇宙物理学者スティーブン・ホーキング博士は生前、次のシンギュラリティ(非連続な技術革新)は2021年と述べていました。今年です。米国の民間企業が一般人を宇宙に打ち上げる時代になった2021年。技術革新や世界の激変に的確に対処できる経営者や企業、官僚や省庁、そして政治家や政府が必要です。

1.メタバース

今年になってIT業界、ネットビジネスのキーワードに浮上している「メタバース」。仮想空間や仮想世界を提供するサービスを総称する言葉です。

「メタバース」は「超(meta)」と「宇宙(universe)」を組み合わせた造語。SF作家ニール・スティーヴンスンの1992年の作品「スノウ・クラッシュ」に登場する仮想空間サービスにつけられた名前です。

その当時はSFでしたが、約30年が経過し、テクノロジーの進化によって現実化してきました。

携帯電話、ロボット、ネット空間、人工知能(AI)、宇宙ステーション等々、かつてSFに登場した技術は次々と実現。今また新たな潮流となりつつあるのが「メタバース」です。

第1作が1999年の映画「マトリックス」の舞台である「夢の中における世界」も「メタバース」に類似した概念です。

7月末にFacebookザッカーバーグCEOが5年以内に「メタバース」企業に移行するために「メタバース」開発に5000億円以上投資することを宣言し、一気に火がつきました。

さらに8月、Facebookは仮想空間会議サービス「Horizon Workrooms」のβ版(試験版)を発表。従来のVR(仮想現実)の制約をブレークスルーする製品をリリースしました。

詳細は後述しますが、ブレークスルーの鍵のひとつになったのは2014年に買収したOculus(オキュラス)社のゴーグル(VR技術を活用した仮想空間体験用ゴーグル)。遠隔地にいる人とバーチャル会議を行えます。仮想空間に登場する自分のアバター(分身)の言動は自身の言動とリアルに同期します。

「メタバース」という概念を商品化したサービスの走りは2000年代にリリースされた「Second Life」。任天堂ゲーム「あつまれどうぶつの森」も「メタバース」の一種です。

しかし、ここにきてFacebookの「Horizon Workrooms」等の「メタバース」が注目される背景には何点かの要因があります。第1は上述のゴーグル「Oculus Quest」です。

手足や顔にモーションセンサーを装着することで、身振り手ぶり、顔の表情等もアバターに反映できるようになり、まさしく仮想空間の中にいるような感覚を実現。

第2は仮想空間そのものの技術ではなく、その中で行われる経済活動を補完する決済技術の進化。仮想空間内で売買や取引をする場合、現実のお金をやりとりできませんので、それに代わる決済手段が必要です。

NFT(非代替性トークン、Non Fungible Token)というブロックチェーン上に構築されるデジタルデータを駆使した決済技術が仮想空間内で使われ始めたことで、その点をブレークスルーしました。「メタバース」内で授受される、言わば暗号通貨です。

今年4月、仮想空間内のデジタルアート、つまり物理的な実体を持たない芸術作品が約7千万ドル(約75億円)で落札されました。決済はNFTです。

第3は仮想空間サービス自体ではなく、それを取り巻く社会や環境の変化。コロナ禍の影響でZoomに代表されるオンライン会議が普及。その延長線上がWookroomsです。

つまり「メタバース」に対する抵抗感がなくなりつつあります。別次元ではありますが、それ以前のEC(電子商取引)の普及も抵抗感引き下げに寄与しています。

上述の3つの要素のうち、第1の技術進化に関してさらに細かく見ると、4点指摘できます。第1はコントローラー不要となったこと。従来のVRゴーグルは両手のコントローラーで操作しましたが、Workroomsではモーションセンサーが活躍します。

第2にコントローラー不要としたハンドトラッキング技術の進化。アバターの仕草が非常に人間らしく自然なものになりました。

第3に表情を再現するリップシンク技術の進化。自然な口の動きや表情が再現できるようになりました。

第4に方向や距離を再現する空間音声技術の進化。遠くの人の声は遠くに聞こえ、近くの人の声は近くに聞こえる技術です。

Zoom等では複数の会話を同時に成立させるのが困難でしたが、Workrooms内では、現実世界と同様に、周囲の音声や会話は小さく、隣の人との会話は大きく聞こえます。


 次のページ2.全真互聯網


関連する記事はありません。

 menu LINK