483

ウクライナの憂鬱

事務所

ウクライナの憂鬱

ロシアがウクライナに対して東部中心都市マリウポリの明け渡しを要求。ウクライナは拒否。既にマリウポリはロシア軍に包囲されているとの報道。明け渡さなければ、おそらく一斉攻撃か兵糧攻め。プーチンの狂気を止められるのは誰か。ロシアの政商集団オリガルヒに期待する声もあるが、プーチンとは癒着関係にある同じ穴の貉(むじな)。貉は主にアナグマのことを指す妙。まさに ロシア的です。化学兵器や核兵器使用に至らないことを願うばかりです。今週の国会ではゼレンスキー大統領のオンライン演説が行われる予定です。

1.フォルト・ライン紛争

「戦争は始めたい時に始められるが、止めたい時に止められない」。フィレンツェの政治家、外交官、軍人であり、「君主論」の著者として知られる政治思想家マキアベリの言葉です。ロシアによるウクライナ侵攻はマキアベリの警句どおりの展開になっています。

如何なる理由があろうと、一般市民殺傷、軍事力による現状変更、原発施設攻撃等の暴挙は許されません。ロシアを厳しく非難するとともに、ウクライナ国民に連帯の意を表します。

しかし、民族問題を内包する戦争の深層は当事者以外には理解し難いものです。日本在住のウクライナ人がTVインタビューで「ロシアがウクライナと戦争するのは、東京と京都が戦争するのと同じだ」と述べていたことが印象深いです。

モスクワとキエフ間は約800km。東京―広島ぐらいの距離です。そして、歴史的にはキエフ公国はロシアのルーツと言えます。

ウクライナにはウクライナ人、ロシア人、ポーランド人等が居住し、民族的には単一ではありません。ソ連はロシア帝国からウクライナを解放しましたが、その後はソ連共産党がウクライナを支配しました。

ソ連崩壊後、ロシアは旧ソ連内の国家独立を認めたものの、その前提はEUやNATOに加盟しないことでした。

2014年2月、EUとの政治貿易協定締結を見送った政府への反発が強まり、親露派ヤヌコヴィッチ大統領が失脚。この事態を受けて3月、ロシアがウクライナ国内のロシア系住民保護を名目にクリミア半島侵攻。5月、ロシアと対立する資産家ポロシェンコが大統領に就任し、親米政権を樹立しました。

2019年、そのポロシェンコを破ってやはり親米欧、NATO入りを企図するゼレンスキー大統領が誕生。今回のロシアの暴挙へとつながりました。

この深刻な事態の背景を考えるうえで「文明の衝突」が参考になります。「文明の衝突」という概念は1993年、米国の政治学者サミュエル・ハンチントンが同名論文を雑誌「フォーリン・アフェアーズ」に発表して登場。同論文がベースとなったハンチントンの著作「文明の衝突と世界秩序の再創造」(1996年)によって確立しました。

ハンチントンは冷戦後の国際紛争は文明間対立が原因となり、とくに文明と文明が接する断層線(フォルト・ライン)で紛争が激化しやすいと指摘。2001年の同時多発テロ事件やそれに続くアフガニスタン紛争、イラク戦争を予見しました。

ハンチントンは主要文明を概ね次のように分類しています。誕生順に列挙すれば、ヒンドゥー(BC20世紀)、中華(BC15世紀)、イスラム(AD7世紀)、西欧(AD8世紀)、ビザンチン(AD16世紀)の各文明です。ビザンチン文明とは東方正教の支配域を指します。

西欧文明と土着文明が融合したラテンアメリカ文明、多様なアフリカ文明は主要文明に分類できないかもしれないと述べています。一方、日本文明(AD2世紀から5世紀)は中華文明から派生した単独国の孤立文明と類型化しています。

ハンチントンは、19世紀から20世紀に世界の中心であった西欧文明が、21世紀は中華文明、イスラム文明に対して守勢に立たされると予測。西欧文明は、圧倒的優位を誇った先進文明という側面と、相対的に衰弱しつつある衰退途上文明というふたつの側面を有すると指摘しました。

21世紀においても西欧文明が相対的に最強であり続けることが可能である場合でも、その基盤(領土、生産力、軍事力等)の衰退は顕著であり、確実に脆弱化すると予測しています。

こうした状況下、世界の枠組みは、かつてのイデオロギー対立、東西対立を軸とする勢力圏に代わり、「フォルト・ライン」によって再構築され、東西冷戦中にはなかった「フォルト・ライン紛争」が頻発するとしています。

ヒンドゥー、中華、イスラム、西欧、ビザンチンの各文明がその当事者ですが、より大きく括れば、西欧文明と非西欧文明の対立と定義しています。政治的独立を勝ち取った非西欧文明は西欧文明の支配から抜け出すため、西欧文明との均衡を求めようとするからです。

ラテンアメリカ文明とアフリカ文明は西欧文明に対して劣勢であり、かつ依存的であるとして、対立を予測していませんが、今後の発展次第では「フォルト・ライン紛争」に参戦してくる可能性を否定できません。

こうした文脈で考えると、1990年代以降のバルカン半島における民族問題やイスラム原理主義の台頭はハンチントンの予測の範疇と言えます。

中国が尖閣諸島問題の際に、尖閣諸島を「中国の領土」と言わずに「中華民族の領土」と表現したことは、こうした「文明の衝突」「フォルト・ライン紛争」の文脈を意識した言葉の選択です。中華文明全体を鼓舞する国家戦略を推進していると見るべきでしょう。


 次のページ2.ウクライナの憂鬱


関連する記事はありません。

 menu LINK