490

要人警護と銃規制

事務所

要人警護と銃規制

参議院選挙が終わりました。残念なことに、先週8日、安倍元首相が凶弾に倒れ、ご逝去されました。ご冥福をお祈り申し上げます。如何なる理由があっても、このような暴挙は許されません。平和な社会を創っていくために、全力を尽くします。要人警護のあり方、選挙活動のあり方について、「日本の常識、世界の非常識」という点については、改善、見直しが必要です。

1.レーガン大統領暗殺未遂事件

奈良県警本部長は、事件翌日夕方になって初めて会見。警護の不備を認め「警察官人生で最大の悔恨、痛恨の極み」と語ったと報道されています。

事件当日夜の会見は警備部長ほか3名が対応。奈良県警生え抜きと推測します。生え抜きに会見対応を委ね、質問が責任論や警備体制不備の可能性等に及ぶと回答留保。

本来は県警本部長が対応し「現に銃撃事件が発生して元首相が死亡したことから警備責任者としての責任は免れないが、まずは捜査を尽くすことに全力を挙げたい」という文脈の発言を聞きたかったと思います。

今回の事件に接し、僕以上の世代には1981年3月30日に起きた米国レーガン大統領暗殺未遂事件を想起した人が多いと思います。

大統領を襲撃したテキサス工科大学生ジョン・ヒンクリーは3月29日にワシントン到着。ワシントン・ポスト紙で翌30日の大統領の予定を確認。今回、犯人がSNSで安倍元首相の日程を確認した展開と似ています。

ヒンクリーは当初、大統領がヒルトンホテル会議場で講演する際に銃撃することを計画。しかし、他国首脳も出席していたために会場内警備が厳しく、会場内での襲撃を断念。多くの群衆が取り巻くホテル退出時を選択しました。

これも、犯人が前日の岡山での室内演説会での襲撃を計画したものの、持物検査等の警備が厳重なことから断念し、翌日の奈良での街頭演説時を狙った展開と似ています。

講演を終えた大統領はシークレット・サービスや警護の警官とともにホテル出口を出て大統領専用車に向かおうとした際、ヒンクリーが回転式拳銃から6発(装填全弾)を発砲しました。

銃弾は専用車の車体に当たって跳ね返り、大統領の左胸部に命中。ブレイディ大統領報道官、及びワシントン首都警察の巡査、シークレット・サービスの4人が被弾しました。

ヒンクリーはその場で取り押さえられましたが、強く抵抗することもなく、身柄を拘束されました。この展開も今回の犯人逮捕の様子と似ています。

この間、約10秒。一部始終が複数のテレビカメラによって生中継され、大学生だった僕もニュース映像に釘付けになったことを記憶しています。

一連の映像は前年開局のCNNが繰り返し放映。この報道を契機に、CNNはニュース専門放送局としての地位を確立しました。

大統領はシークレットサービスによって専用車に押し込まれ、直後は無傷と思われたために即座にホワイトハウスに向かったそうです。

しかし、車中で大統領が吐血。胸部に被弾していることがわかったため、専用車は近隣のジョージ・ワシントン大学病院に急行。大統領は緊急手術を受けました。

弾丸は大統領の心臓をかすめて肺の奥深くで止まっており、かなりの内出血を起こしていました。この事実が公になったのは、大統領が回復して退院した後です。

重傷を負ったブレイディ大統領報道官の代わりにこの事実を明らかにしたスピークス副報道官は「安全保障上の理由から直後における公表は控えた」と説明。冷戦下における米大統領の立場を鑑みれば当然の対応です。実際、銃撃事件発生後にソ連潜水艦が米大西洋沿岸に集結する等の動きを示していたそうです。

大統領は手術直前も意識ははっきりしており、執刀医と医療スタッフに対して「諸君がみな共和党員だといいんだがねぇ」とジョークを飛ばし、執刀医は民主党員だったため「大統領、今日一日われわれはみな共和党員です」と答え、大統領が笑ったと伝わっています。

病院に駆け付けた妻ナンシーに対しては「ハニー、僕は避けるのを忘れていたよ(Honey, I forgot to duck)」と言ったそうです。

これは多くの米国人が知っているエピソード、1926年ボクシング・ヘビー級選手権におけるジャック・デンプシーの発言を引用したものです。デンプシーが敗戦後に妻テーラーに対し「ハニー、僕は避けるのを忘れていたよ」と語ったという逸話です。

レーガン大統領の病院でのエピソードが事件後に公表されると「危機時にもユーモアを忘れない指導者のあるべき姿」として称賛の的となり、3週間後に公務復帰した大統領の支持率は一気に高まりました。


 次のページ2.ブレイディ法


関連する記事はありません。

 menu LINK